2010年03月01日

<降雪日数>2月の東京都心、3位タイの10日 26年ぶり(毎日新聞)

 東京都心で2月に雪が降った日数は10日で、月間の降雪日数としては1984年3月以来26年ぶり、観測史上でも3位タイの多さだったことが、気象庁のまとめで分かった。太平洋赤道域東部の海面水温が高くなるエルニーニョ現象などの影響で、関東の南海上を低気圧が頻繁に通過し、寒気が流れ込みやすかったことが原因だという。

 気象庁によると、都心で今年2月に積雪を観測したのは1日、2日(いずれも1センチ)、18日(0センチ)の3日。降雪日数10日は、統計を取り始めた1931年以降で同年2月の12日、52年2月の11日に次ぐ3位タイとなった。都心の今年2月の平均気温は、ほぼ平年並みの6.5度だった。【福永方人】

【関連ニュース】
首都圏・雪:水戸地裁、公判の開廷遅らせる
首都圏・雪:首都高新都心線で一時通行止め
雪崩:ホテルのロビーに流れ込み2人けが 長野・志賀高原
大雪と強風:新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響
大雪:車100台以上立ち往生 76人が避難 新潟市で

メディカルツーリズムで「医療ビザ」の発行を(医療介護CBニュース)
所得税から議論着手へ=税調専門家委が初会合(時事通信)
鳩山首相、ハーグ条約「早く道筋を…」(産経新聞)
元社福法人理事長が脱税 乗っ取り協力報酬1・5億円隠す 大阪国税局告発(産経新聞)
出産費用の公的保険直接支払い、完全実施見送り(読売新聞)
posted by タニモト マサジ at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。